クラウドサービスへの通信を可視化し
重大インシデントを防止するマネージドCASB

  1. TOP
  2. 監視・運用・教育・訓練
  3. ゼロトラストのセキュリティ対策「マネージドCASB」

業務の効率化や働き方改革推進を背景に、業務システムのクラウドサービス利用が進んでいます。クラウドサービスの多くは業務の利便性を高めるものばかりですが、中には脆弱なクラウドサービスも数多く存在しており、セキュリティリスクが高まっていることも事実です。重大インシデントを防ぐためには、社員のクラウドサービス利用を24時間365日監視する必要があります。

クラウドサービスへの通信を可視化する「CASB」

クラウドサービスへの通信を可視化するCASB(Cloud Access Security Broker)は、ゼロトラストセキュリティを構成する上で重要な役割を担っています。認可していないクラウドサービスへの通信を可視化し、悪質なクラウドサービス起因のマルウェア感染や、データの不正持ち出しなどの脅威を未然に防止することが可能です。

可視性

可視性

クラウドサービスへのアクセスを記録し、クラウドサービスの利用状況を可視化します。

コンプライアンス

コンプライアンス

コンプライアンスに従った利用がされているかを管理します。

データ保護

データ保護

情報漏えい・不正アクセス対策を行い、人為的なデータの不正持出しを防ぎます。

脅威防御

脅威防御

脅威情報エンジンを活用し、クラウドサービスへの不審な接続を防ぎます。

お問い合わせ・資料請求

お客様の運用を支援するマネージドCASB

CASBの利用イメージは以下の通りです。SaaS型のサービスなので新たに管理サーバーを構築する必要はありません。
テレワーク環境や分散型オフィスでもCASBを素早く導入することができます。

また、シーイーシーが提供する「マネージドCASB」は、CASBの導入や、CEC SOCによるレポーティングを行うサービスです。
業務に支障をきたさずに、社員の安全なクラウドサービス利用を実現します。

マネージドCASB利用イメージの図

マネージドCASBの特長

導入支援

導入支援

レポーティング

レポーティング

リアルタイム監視

リアルタイム監視
  • 特長1

    導入支援サービスでは、弊社で設定支援を行いますので、特別な知識がなくても
    簡単に導入することが可能です。

  • 特長2

    レポーティングサービスでは、クラウドサービスの利用状況を可視化します。
    お客様は自社のクラウド利用の傾向、クラウドサービスに潜む脅威などを簡単に把握することができます。

  • 特長3

    リアルタイム監視サービスでは、24時間365日体制でポリシー違反を検出します。
    夜間や休日などお客様がご不在の時でもインシデントを未然に防止します。

豊富なサービスメニュー

メニュー 内容
導入 ・PoC導入支援
・導入後の設定支援
(お客様の要望をヒアリングし、設定方法や設定方針のレクチャーを実施します。)
レポーティング CASBで生成したログに対して、月次で解析を行います。
・利用されたクラウドサービスの種類
・検出したクラウドサービスの脅威
オプション リアルタイム監視 事前に設定したポリシーに対する違反を24時間365日リアルタイム監視を行います。
違反を検知した場合、お客様に即時通報を行います。
報告会開催 レポーティング結果をもとに報告会(Webミーティング)を実施します。
申請・許可代行 お客様からの申請をもとにポリシーの設定変更を行います。
平日9:00-17:00のサービスとなります。
EDRプラス クライアントPCのふるまいを検知することにより、未知の脅威に対して防御します。

※記載されている内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
※本Webサイト中に記載の会社名および商品名などは、一般的に各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

03-5783-3162

Webからのお問い合わせ

page top