セキュリティの脅威は眠らない CEC SOC for トレンドマイクロDDI

24時間 365日のセキュリティ専門チームによる監視体制

月額¥500,000〜(税別) 初期費用¥300,000〜

  1. CEC SOC for トレンドマイクロDDI(セキュリティ運用)

セキュリティの課題

近年、企業や政府機関など組織の機密情報を狙う「標的型サイバー攻撃」の猛威が深刻化しています。
企業のセキュリティ対策もマイナンバー・顧客情報・企業機密など、セキュリティ監視対象や
セキュリティインシデントが拡大し、より高度な対応が求められています。

セキュリティインシデントには、サイバー攻撃や内部犯行、従業員の過失まで、幅広い種類の事件・事故が存在します。
インシデント対応はセキュリティ知見を要するため、セキュリティ運用の常として、常時監視運用が必要となります。

「標的型サイバー攻撃」の猛威

Deep Discovery Inspectorとは

攻撃者は監視されていないネットワークポートや特定のネットワークプロトコルを悪用して侵入や情報の抜出を試みます。
重要なことは、ネットワークポートやプロトコルを可視化することです。
Deep Discovery Inspectorは、すべてのネットワークポートと105種類を超えるさまざまなプロトコルを監視することによって、攻撃の初期段階から、内部の拡散、外部への情報流出まで、さまざまな攻撃フェーズで不審な通信を検知します。

CEC SOC for トレンドマイクロDDIのサービス概要

シーイーシーが提供する24時間365日のセキュリティ監視サービス「CEC SOC」と、企業内システムすべてのネットワークポートとプロトコルを監視するトレンドマイクロ社のDeep Discovery Inspectorを連携した内部対策特化のセキュリティサービスです。Deep Discovery Inspectorのインシデント情報を活用したリアルタイムなデータを解析し、セキュリティ脅威の早期検知と動作状況の監視、速やかなインシデント対応により、企業内システムを狙った標的型サイバー攻撃の水際対策を実現します。

※サービスの利用には、お客様環境にSyslogサーバーを準備いただく必要があります。
詳しくは弊社営業までお問い合わせください。

サービスの3つの特長

導入

導入

製品ナレッジに長けたセキュリティエンジニアによる、迅速な Deep Discovery Inspectorの導入

運用

運用

24時間365日の有人監視・インシデント対応支援による手厚い運用サポート

相関分析

監視

ファイアウォールやサーバー向けセキュリティ製品などを含めた相関分析により、さらに高度なセキュリティ監視が可能

メニュー・価格

導入・月額サービス

メニュー 対応
導入 要件ヒアリング Deep Disvocery Inspector 運用
設定 SOC運用準備
  初期費用 ¥300,000~
  • ◯:提供メニュー

月額(税別)

メニュー 対応
検知 24時間365日対応
監視 Deep Discovery Inspector セキュリティイベント
分析 ログ分析 Deep Discovery Inspector セキュリティイベント
オペレーション 緊急通報・エスカレーション
対処 チューニング対応 月例
随時
アナリスト アナリスト担当者のアサイン
オンサイト支援 セキュリティインシデント対策支援
その他 レポート 月次 セキュリティイベント分析レポート
報告会
随時 セキュリティイベント分析レポート
報告会
ヘルプデスク Deep Discovery Inspectorに関するお問い合わせ(12件/年 上限)
相関分析 個別見積もり
  月額費用 ¥500,000~
  • ◯:提供メニュー
  • △:オプションメニュー

月額料金だけで利用できる「マネージドフラットDDI」の併用で、さらに便利に。

サービスの流れ

  1. 1 現状調査

    現状調査

    お客様の体制・環境を調査し、セキュリティリスクへの対応方針を策定

  2. 2 構築導入

    構築導入

    セキュリティ対策製品の導入や運用管理用の仕組みを提供

  3. 3 運用開始

    運用開始

    「リモート」でお客様の情報システムの稼働監視を開始

お問い合わせ・資料請求

このページのトップへ