SecureCross™ Factory

SecureCross™ Factory~工場セキュリティソリューション~

  1. 環境別セキュリティ
  2. SecureCross™ Factory

「つながる工場」の実現とともに
増加するセキュリティリスク

近年、工場を取り巻く環境は、システムコストの低減および運用性向上を目的としたオープン化*1と、IoT(Internet of Things)の活用、グローバル拠点に広がるスマートファクトリーの実現に向けたネットワーク接続が必須となりつつありますが、サイバー攻撃により重大な被害を受ける可能性も年々拡大しています。

しかし、これまで独自OS・プロトコルによるシステムが稼働し、かつ「外部ネットワークと通信しないため、セキュリティ上安全」という誤解もあり、工場におけるセキュリティポリシーおよびプラットフォームの脆弱性対策は不十分でした。

*1:Windows、Linuxなどの汎用OS、Etherent、TCP/IPなどの標準プロトコルの採用

セキュリティポリシーに関わる脆弱性

  • セキュリティポリシーが不十分、ガイドラインや手順書が作成されていない
  • 重要資産の管理や、制御システムの設定に係る変更管理がなされていない
  • セキュリティリテラシー向上を目的とした研修・教育プログラムが存在しない

プラットフォームに関わる脆弱性

  • 独自の専用システムが長年稼働し、PCやサーバーの脆弱性対策プログラムの追加・更新を行っていない
  • アカウント管理やアクセス制御がなされていない
  • 情報ネットワーク保守用回線を含めたネットワークセキュリティの境界が定義されていない

「つながる工場」の実現がビジネス課題となっている今、増大するセキュリティリスクを回避・軽減する総合的な対策が必要です。

現場(ヒト・モノ)とICTの融合で万全のセキュリティ対策を

生産エリア生産ライン、サーバールーム
不正侵入、内部不正、Cyberリスク制御システムのセキュリティ、IoT基盤(データ収集、蓄積)のセキュリティ、入退(扉)管理、映像監視(監視カメラ)
専用エリア事務棟(専用ルーム、事務室など)
不正侵入、情報窃取、情報漏えい入退(扉)管理、映像監視(監視カメラ)、オフィスセキュリティ
共用エリアエントランス(受付、会議室、展示ルームなど)
不正侵入、情報摂取入退(扉)管理、映像監視(監視カメラ)
屋外エリア外周、入退場、入出荷所、駐車場など
不正侵入、盗難車両入退場管理、外周センサー、屋外カメラ

「SecureCross™ Factory」の特長

網羅性がある
セキュリティ対策支援

一貫したセキュリティ支援

セキュリティコンサルティングから対策プロダクト/サービス導入・運用まで、情報セキュリティ(オフィス環境)と工場セキュリティ対策をシームレスに実現します。

工場エリアごとの
セキュリティ対策*2

工場エリアごとのセキュリティ対策

工場内4つのエリアごとの総合的なセキュリティ対策(サイバーセキュリティ対策・物理セキュリティ対策・人的セキュリティ対策)を提供します。

セキュリティ専門チームによる監視・対処支援

セキュリティ専門チームによる監視体制

シーイーシーセキュリティオペレーションセンター(CEC SOC)による有人監視体制で、インシデント発生時にはセキュリティエンジニアが対応支援を行います。

*2:工場の基幹となる制御システム(PLC、CNC、センサー、SCADA、HMI、各種ネットワークなど)が配置された「生産エリア」のセキュリティ対策から展開します。

「生産エリア」のセキュリティ詳細

このページのトップへ